動画コンテンツの充実を目指すなら動画制作のスキル習得が必須

動画コンテンツの充実を目指すなら動画制作のスキル習得が必須

動画コンテンツを作れるようになりたいと考えている方が多くいると思われます。
高いスキルを習得することができれば制作会社に就職したり、フリーランスで活躍することが可能です。
本業ではなく副業で稼いでいく選択肢もあります。
充実した動画コンテンツを制作できるようになるためには、スキルの習得が必須です。
編集ソフトがあるので基本的なレベルであれば短期間で身につけることができますが、多くの人を惹きつける高度なスキルが必要になる動画制作はしっかり学ばないと習得できません。
動画制作の学習方法はスクールを活用するのが望ましいです。
優秀な講師から分かりやすく教えてもらえますし、分からないことがあれば質問して解決できることもメリットとして挙げられます。
最近はオンラインのレッスンが受けられるスクールも増えています。
多少費用はかかってしまいますが、独学で学ぶよりも難易度が高い動画制作ができるようになる可能性が高いです。

動画制作における素材は映り込みに注意が必要

動画制作では自分で撮影したり既存の素材を使うことになりますが、いわゆる映り込みに注意する必要があるのではないでしょうか。
特に反射しやすいガラスや金属といった材質は、撮影者の姿が映り込んでしまったり、最悪のケースだと顔もはっきりと分かってしまいます。
動画制作は素材が作品のクオリティを左右するので、素材に関しては映り込みを含めてしっかりとチェックしてから使用することが大事です。
撮影して使う場合は映り込まない角度を探したり、反射しにくい材質のものに置き換えるといった工夫がポイントになります。
既存の素材に既に顔などが映ってしまっている時は、後から編集で消していく必要があります。
これは非常に手間ですし、手間を掛けないと自然に消すのが難しいので、可能な限り手間が掛からないものを選んで使用するのが望ましいです。
動画制作は時に時間との勝負となるので、日頃から心構えを意識して撮影をしたり、編集作業に取り組むことが大切ではないでしょうか。

筆者:白岩哲

筆者プロフィール

岐阜県関市生まれ。
動画制作で気になったことや役に立つ情報を記事にしました。