動画制作は動画編集にかかる時間を逆算して行動する必要がある

動画制作は動画編集にかかる時間を逆算して行動する必要がある

動画制作は機材の手配や撮影も大事ですが、編集作業もあるのでその点を考慮し逆算して計画を立てたり行動する必要があるのではないでしょうか。
動画編集は撮影したり集めた素材を元に作品に仕上げる作業のことで、映像の使う部分と使わない部分をカットして分けたり、字幕や効果音を付けるのが主な目的となります。
動画制作は、殆ど手を加えずに済むように撮影して素材を作るのが理想的ですが、現実には少なからず編集作業が必要です。
ノーカットで見せることを目的とするなら別ですが、一般的には使えない映像も素材に混ざるので、見つけて取り除く作業を行います。
具体的にどれくらいの時間を要するかはケースバイケースですし、求めるクオリティにもよるので一概にはいえないです。
しかし常に余裕を持って動画制作を進行させること、編集に余裕を持たせる為に逆算して行動することは、結果として急なトラブルに無理なく対応できたり、クオリティアップにも繋がるのではないでしょうか。

動画制作するにあたってアングル調整の仕方について

動画制作をする機会は沢山あり、初心者の人から慣れたプロの方まで本当に多くの人が動画制作に関わる機会が増えてきました。
様々な動画が撮影される中で、切っても切れない関係にあり、仕事も比較的多い物が、字幕作成等を含めた動画編集です。
そんな動画編集ですが、ソフトを使って様々に編集する事が可能ですが、決まったアングルの物を撮影してしまった為に、どうしても変更したい場合などがあり、最悪元動画を撮りなおしてもらわないといけないと思ってしまう事があります。
しかし動画編集には締め切り時間等もあって、動画撮りなおしを依頼する時間も関係性もない場合、困ってしまいます。
実は編集ソフトの機能を使いこなす事で、アングルの変更を実際に行わなくてもまるで変更したかのように編集する事も可能です。
一つ別の画像を準備して、あたかもドローンで空中から撮影してズームインのような動画を作る事も出来ますし、加工の仕方一つで別のカメラから撮ったかのように変種する事も可能です。

筆者:白岩哲

筆者プロフィール

岐阜県関市生まれ。
動画制作で気になったことや役に立つ情報を記事にしました。